ブログトップ

日々スープ。

hibinosupu.exblog.jp

生。

阪急電車という小説、ご存知ですか?

最近ドラマになった、「フリーター、家を買う」の
有川浩さんの、小説です。

今年、映画化されるとのことで
最近、ロケが行われてたのですが

阪急電車、今津線、宝塚駅から西宮北口駅が舞台の
決して、電車メインでなく(笑)
人間メインの小説です。
ちゅうか、半分は恋愛小説だよね。

私は数年前に友達に借りて読んだのですが
有川さん、あとがきにも書かれてましたが
沿線の住人だったということで
すごくいい意味でリアルな描写が多く
なんだか、自分の知っている場所が舞台になってるのが
すごくうれしくなったのを
覚えてます。


今回、映画化になるとのことで

物語にでてくる武庫川に石で積み上げられた
「生」という字のオブジェが
また、作られています。

また、というのは、もともとこれ
前にもあったんです。

いつの間にか、流されてて、なくなったんだけど・・・

確か震災から10年たった時に再生の意味を込めて
作られたものだった気がします。

こうして小説になり、理由は違うかもしれないけれど
それでも、またこうして、あの「生」が
復活するというのが
なんだか、すごいなあ、と思う。

生。

生きる?生きてる?生きよう?生きたい?生きろ?


生きたかったのに、生きれなかった命が

確かにあった1月17日。

生きてる限りは、忘れたらあかんなぁ、って思う。
[PR]
by hibisu-pu | 2011-01-16 20:45 | hibi
<< futaba cafe。 篠山... 喫茶かりん。 >>